241円 Adventures in Jazz ミュージック ジャズ・フュージョン スウィングジャズ in,ミュージック , ジャズ・フュージョン , スウィングジャズ,Adventures,astroritualacademy.com,/aggressiveness1914139.html,241円,Jazz in,ミュージック , ジャズ・フュージョン , スウィングジャズ,Adventures,astroritualacademy.com,/aggressiveness1914139.html,241円,Jazz Adventures in Jazz 大規模セール Adventures in Jazz 大規模セール 241円 Adventures in Jazz ミュージック ジャズ・フュージョン スウィングジャズ

Adventures 待望 in Jazz 大規模セール

Adventures in Jazz

241円

Adventures in Jazz

Adventures in Jazz

スタン.ケントンって日本ではごく一時期しか語られないからあんまり聴いてなかったんです。Artistry in Rhythmくらいしか日本のジャズ評論家は話題にしないでしょ。でも、去年DVDでケントンの生涯を辿るのを見ててちょっと違うぞ、と。そんなわけでケントンを少しずつ聴き始めているのですが、凶悪に素晴らしいものが多いです。ケントン自身が極めてオープンマインドでジャズから逸脱することも平気でするから日本のジャズ評論家はちゃんと見ないのだということが分かります。スイングすることに焦点を置いているケントンのアルバムは怪物です。5tp、5tbといういわゆるTen Brassがケントンの看板ですが、このアルバムではそこに4本のメロフォニウムが加わりさらに分厚いことになっています。アレンジの大半はビル.ホルマン、つまり50年代中期のContemporary Conceptsの続編とも言えるものです。猛然とドライブする曲が多く圧巻です。で、案外見落とされてるんですが、このレコード、ケントンがほとんど弾いてないんです。ホルマンはピアノレスのオクテット書いたりもしてたので、そういう影響もあるのかもしれません。ピアノはレイアウトしてて管楽器だけでWall of Soundを作る感じ。評論家がケントンをちゃんと語らないから今までこういうの知らないで来ちゃったじゃないか。昔の評論家は何を聴いてるのか、耳が節穴なんじゃないか、と思います。これ、いいアルバムですよ。
おすすめ動画
おすすめ同人誌