パルプ フィクション Blu-ray 爆安プライス パルプ フィクション Blu-ray 爆安プライス 2576円 パルプ・フィクション [Blu-ray] DVD 外国映画 アクション DVD , 外国映画 , アクション,/antechapel165319.html,[Blu-ray],2576円,パルプ・フィクション,astroritualacademy.com DVD , 外国映画 , アクション,/antechapel165319.html,[Blu-ray],2576円,パルプ・フィクション,astroritualacademy.com 2576円 パルプ・フィクション [Blu-ray] DVD 外国映画 アクション

パルプ フィクション Blu-ray 爆安プライス 百貨店

パルプ・フィクション [Blu-ray]

2576円

パルプ・フィクション [Blu-ray]

商品の説明

内容紹介

“灼熱のごとき独創性! 一気にトップランクの監督へと登りつめたクエンティン・タランティーノ!”- The New York times
世界中の批評家と観客から惜しみない賛辞を浴びる本作は、20世紀のシネマを根底からくつがえす画期的な作品である! スター俳優のきらめく演技も記憶に新しい。脚本/監督のクエンティン・タランティーノ(1994年度米アカデミー賞(R)最優秀オリジナル脚本賞受賞)が満を持して送り出した忘れがたきキャラクターたち――いまいち冴えない二人組みのギャング(ジョン・トラボルタ、サミュエル・L・ジャクソン)、ボスのセクシーな若妻(ユマ・サーマン)、捨て身のプロボクサー(ブルース・ウィリス)が、スリルと驚きに満ちたスピード感溢れる極上の冒険活劇を繰り広げる!

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

クエンティン・タランティーノ監督による異色のバイオレンスアクション。ギャングのボス・マーセルスを中心としたギャング一味と周辺の人々のエピソードが、時間軸が交錯しながら展開していく。“どんどんやるぜ!ワーナーのブルーレイ2,500円!”。

パルプ・フィクション [Blu-ray]

「レザボアドッグス」もストーリーの妙という意味で好きですが本作は何よりキャストの豪華さが今では実現できないレベルです。ブルース・ウィリスやジョン・トラボルタの復帰を願ったタランティーノであったが何より有名になったのはサミュエル・L・ジャクソンの起用である。彼がいなければスターウォーズやアベンジャーズなどに筋を通せる役者がいなかったかもしれない。そしてこの作品内において物語を進行するために用意された数々の伏線は未消化のまま終わることも多いです。・666の暗証番号で開くアタッシュケースの中身・マーセルスの後頭部の絆創膏・ビンセントとジュールスが撃たれる前にすでに開いている壁の弾の痕この辺りは考察的なものも多々出ていますがすべてミスであったりなんの意味もないものと監督自身が答えている。ジュールスが引き金を引くときに引用する聖書の一説も一部だけ本物であとは付け加えられているオリジナルの文だったり、タラ作品ではおなじみのたばこの銘柄「レッドアップル」も架空のもの。つまりこの作品は実写のコミック作品であるという見方が最適なとらえ方なのかもしれない。BGMも昔の一発屋ヒット作品を当てていたりとタラ監督自身の趣味とオタク精神が生み出した妄想の産物なのがこの作品なのです。VHS時代から何度見たかわからない作品。特にビンセントとミアのデートシーンが大好きでそこだけでも何度見たかわかりません。吹き替えも作品の味をよりうまく引き出せているし、非常におもしろい作品。男がナニされるシーンなどあるのでデートとかには不向き。映画通の方との鑑賞がおすすめです。
今回のブルーレイ再販61作品のラインナップは、待ち望んでいた方が多かったのではと思われる素晴らしいチョイスである。今作も、長らく再販を待ち望んでいたので、喜ばしい限りである。メーカーには感謝である。今回で6回目の視聴となるが全く飽きさせず、却って、ストーリーの流れが分かる分、特異な構成がすんなり頭に入り、物語の構築の見事さを改めて感じた。H・カイテル C・ウォーケン の役柄は、映画好きな方なら、その人物背景も容易に想像できてしまう心憎い配役であり、各章の配役もピタリとはまる役者の配置で、小説をよんでいるかのような科白の応酬も心地よいものに昇華されている。タランティーノの好きなものを詰め込んだ映画なのが良くわかる。奇妙な偶然により別々のエピソードがつながる様は、その後の彼の作品にも度々使われ、混乱することなく、物語を描き切っているのは流石である。J・トラボルタとU・サーマンのツイストコンテストシーンは、彼の10年間のくすぶっていた時代を払拭し、スターの地位に返り咲きをさせたほどの、インパクトのある描写で、サタデーナイトフィーバーより踊りのイメージはこちらのほうがメジャーになったといっても過言ではない。随所に使われる音楽も印象に残り、映像と音のシンクロも楽しい。153分の長尺の映画であるが、俳優の魅力と出来の良い脚本により全く長さを感じさせない。お勧めである。
値段が高騰しすぎですが、言わずもがな超傑作ですので手元に置いておきたくなるのです。
※2021年5月発売のNBCユニバーサル版Blu-rayのレビューです。やっと廉価版が再販されたので入手出来た!1994年にカンヌ国際映画祭でパルムドームを受賞し、クエンティン・タランティーノ監督を一躍スター監督に押し上げた奇跡の傑作を、これでゆっくり高画質で堪能できるのが嬉しい。パルプとは安物の読み物で、有りそうで無さそうな眉唾なフィクションと思えば良いだろう。時間軸の順番を入れ替えた脈絡のないストーリー展開と、意味なく無駄に長い台詞ばかりの脚本、一見どちらも駄作っぽく見える。だが、将来への希望と不安、金とドラッグと商売、組織での立場や人間関係に気を遣いながら、殆どが無駄な会話で成り立っている現実の中から、難解なパズルを読み解く緊張感に、ほどなく快感を感じ始めたら、それは貴方もタランティーノ節に魅惑された証左だ。この半ばイカれた作品がアカデミー賞7部門ノミネート、脚本賞受賞なのだから評論家も良い意味でブッ飛んでいるし、だからこそ新しい才能による新陳代謝が常にハリウッドを若返らせる。主演ジョン・トラボルタと助演サミュエル・L・ジャクソン、ギャングの殺し屋二人を中心に物語が展開するが、何せ癖の強い登場人物が多く、各々に込められた役割と主張が尖っていて、その“圧”たるや物凄い。ギャングはボス役にヴィング・レイムス、その妻役にユア・サーマン、八百長用のお抱えプロボクサー役にブルース・ウィリス、完璧な掃除屋にハーベイ・カイデルと此れだけでも十分豪華。更にカップル強盗の男役にティム・ロス、回想シーンのベトナム帰還軍人にクリストファー・ウォーケン、冴えないウェイター役にスティーブ・ブシェミ、そして何とタランティーノ監督が結構長い時間出演している。ここで一々説明できない程、全員が特徴的な役割を果たしているが、個人的にはサミュエル・L・ジャクソンとブルース・ウィリス、翌年公開の「ダイ・ハード3」でコンビを組んだこの二人の行動に着目した。本作のメインテーマと勝手に信じている「人生、一度は神を信じてみたら、幸せかも知れない」を体現するのだ。二人はともに悪人だが、信仰心や良心の呵責、愛する人や祖先への敬意が存在する点が、主人公のトラボルタとは異なる。だから主張や行動に微妙な違いが生じ、それが大きな違いになって表れる。「盗人にも三分の理」とは言わないが、「生まれ変わるチャンスは誰にでもある」との主張を、安っぽい三流ドキュメンタリーのドタバタに茶化して天の邪鬼ぶるのがタランティーノ節だ。ハーベイ・カイデルの“論理と冷静”、タランティーノの“平和と生活”にこそ、人生の真実が宿る。先の読めないシナリオ、意味深な台詞、大胆なアングル・ショット、長回しを効果的に取り入れたカメラワーク、クールなのに気持ちが熱くて堪らない絶妙な演技、これだけの満足感を味わえる作品は少なく、だから何度観ても飽きない。殺しや麻薬シーンは少し過激で、女性ウケはまずしないので注意しましょう。でも、それさえ乗り越えれば、記憶に残るラストシーンに出逢える、世紀の傑作です。未リマスターの映像はそれでも十分。日本語吹替も完璧だが、映像特典がないのは廉価版なので我慢。最後にホンダのシビックやNSXから、監督の日本好きなのが良く判ります。

介護について知る

目的別に介護サービスを探す