13633円 BUFFALO NAS スマホ/タブレット/PC対応 ネットワークHDD 4TB LS510D0401G 【同時アクセスでも快適な高速モデル】 パソコン・周辺機器 外付けドライブ・ストレージ ネットワークストレージ /marguerite165636.html,BUFFALO,LS510D0401G,スマホ/タブレット/PC対応,13633円,4TB,astroritualacademy.com,【同時アクセスでも快適な高速モデル】,NAS,ネットワークHDD,パソコン・周辺機器 , 外付けドライブ・ストレージ , ネットワークストレージ 13633円 BUFFALO NAS スマホ/タブレット/PC対応 ネットワークHDD 4TB LS510D0401G 【同時アクセスでも快適な高速モデル】 パソコン・周辺機器 外付けドライブ・ストレージ ネットワークストレージ BUFFALO NAS スマホ タブレット PC対応 安売り LS510D0401G 4TB ネットワークHDD 同時アクセスでも快適な高速モデル BUFFALO NAS スマホ タブレット PC対応 安売り LS510D0401G 4TB ネットワークHDD 同時アクセスでも快適な高速モデル /marguerite165636.html,BUFFALO,LS510D0401G,スマホ/タブレット/PC対応,13633円,4TB,astroritualacademy.com,【同時アクセスでも快適な高速モデル】,NAS,ネットワークHDD,パソコン・周辺機器 , 外付けドライブ・ストレージ , ネットワークストレージ

BUFFALO NAS スマホ タブレット PC対応 安売り LS510D0401G 4TB ネットワークHDD 購入 同時アクセスでも快適な高速モデル

BUFFALO NAS スマホ/タブレット/PC対応 ネットワークHDD 4TB LS510D0401G 【同時アクセスでも快適な高速モデル】

13633円

BUFFALO NAS スマホ/タブレット/PC対応 ネットワークHDD 4TB LS510D0401G 【同時アクセスでも快適な高速モデル】

商品の説明

容量:4TB  |  パターン:単品

●速さと安定性を実現。デュアルコアCPU搭載で快適アクセス●ネットワークにつながるハードディスクは、USB接続よりメリットがたくさん!●保存したデータに、外出先からもアクセス可能な「WebAccess」


メーカーより

BUFFALO NAS スマホ/タブレット/PC対応 ネットワークHDD 4TB LS510D0401G 【同時アクセスでも快適な高速モデル】

以前の機種、LS410Dの4TBを使用しておりまして、こちらに買い換えましたが不満点が多く、非常に残念な結果でした。まず、使用可能な容量が以前の3.62TBから3.57TBに、50GBほど減っています。設定用のUIも以前のものより使い勝手が悪くなりました。また、今まで使用していた機能で無くなってしまったものが多くあり大変困惑しております。SMB設定の隠し共有設定が無くなりました。SMB2を有効にする設定もなくなりました。デフォルトの共有フォルダ名を変更することができなくなりました。ユーザーを作成するとユーザー名の共有フォルダ構成が勝手に作られてしまいます。元からあるユーザーフォルダを変更、削除することができません。スリープの設定もスリープ開始時刻とスリープしている時間(最大24時間)での指定になってしまい、いろいろ融通が利かなくなり、複数日に渡ってスリープさせることができなくなってしまいました。バックアップのスケジューリングも毎日か毎週しか設定できなくなってしまいました。LS410Dでは月1や、月2など様々なスケジューリングができて大変便利だったのですが。バックアップ開始時、終了時のメール通知機能も無くなりました。ドライブに異常が発生したときのメール通知機能も無くなりました。この機種から初めて購入する人は、もともとそういうもので済むかと思いますが、LS410Dからの乗り換えの場合は、購入前にダウンロードマニュアルをよく確認した方がよいです。さらに、画像を保存すると、画像を保存したフォルダに7つの隠しフォルダが自動的に作成され、それぞれにサイズの違う7種類のサムネイル画像が作成されてしまいます。画像を多く保存しているので、どんどん自動的にサムネイルフォルダとサムネイル画像が増えていきます。オフにする機能が無いか調べたのですが、どうやら無いようです。今のところ良かった点は、アクセス速度が上がったことと、ディスクのスピンオフ機能ぐらいです。自分にとって必要だった機能が多数無くなり、必要の無い機能が追加されたおかげで、良かった点も台無しになるぐらいのマイナスです。便利に利用していた機能がかなり無くなったので、以前と同じ使い方ができなくなってしまいました。なぜ、今までできていた多数のことを、こんなに出来なくしてしまったのか、理解に苦しみます。返品したいのですが、初期不良ではなく仕様なのでどうしようもありません。他社のNASを再度検討しながら、元のLS410Dをもう少し継続使用することにしました。
※当レビューは、筆者が購入した「LS520D0802G」(LS520DGシリーズ…2ドライブモデル)に対するものです。ただし、2019/01/10のバッファローサポートセンターからの回答により、LS510DGシリーズ(1ドライブモデル)及びLS5x0DNBシリーズ(法人モデル)も同じ仕様を抱えていることを確認しました。よって、購入を検討されている方の判断材料として、こちらにも転記させて頂きます。以下、「LS520D0802G」のレビュー内容の転記です。(2019/1/9投稿・2019/1/10更新)__________当製品のあまりにも迷惑すぎる仕様に大変怒りを感じており、その理由を出来る限りここに記させて頂きます。非常に乱雑かつ長文になってしまいましたが、ご容赦下さい。【確認環境】NAS:LS520D0802GRAID構成:RAID1(デフォルトのまま)ファームウェアバージョン:4.40-20180703ネットワーク環境:NAS側(1000BASE-T)~PC側(IEEE802.11n 5GHz 300Mbps)PC側のOS:Windows10 (Pro 64bit ver1803)【当NASにおけるサムネイルキャッシュ(ゴミファイル)の自動生成機能について】●この機能をオフにする手段は一切用意されていない(強制)○また将来的に、オフに出来るよう対応する予定はなし(2019/01/07 バッファローサポートセンターからの回答)●この仕様は当機種だけのものではなく、全てのLS500シリーズ(LS510D/LS510DG/LS520D/LS520DG)及び法人[SOHO]向けモデル(LS510DNB/LS520DNB)にも存在する。(2019/01/10 バッファローサポートセンターからの回答)○LS200シリーズ(LS210D/LS210DC/LS210DG/LS220D/LS220DC/LS220DG)には無いとのこと。●コンシューマ向けLS500系の取扱説明書にも(小さく)明記してあり、れっきとした「仕様」である。○しかし何故か、同じ仕様を持つはずの法人向けLS500系の取扱説明書には記載が無い(2019/01/10現在)【実際の動作(筆者検証による観測結果)】●当NAS上へデータを保管すると、画像ファイルが一つでも含まれるあらゆるフォルダの直下へ、7つの隠し属性フォルダ(サムネイルキャッシュファイル格納用)が自動生成される。(作成される隠しフォルダ:.thumbnail、.webaxs_3L、.webaxs_L、.webaxs_LL、.webaxs_M、.webaxs_S、.webview)●画像1枚につき7枚ものサムネイルキャッシュ(JPEG形式)が生成され、上記の隠しフォルダへと格納される。仮に1000枚の写真を置いた場合、7000個ものキャッシュファイルが格納されるため、フォルダ内の合計ファイル数が8000個まで増殖する。10000枚置けば80000個。10万枚なら……。○処理直後は「*.lock」ファイルも生成されるため、1画像辺り更に1個ずつ増える。(再起動時に消去される模様)○処理対象が多い場合、即時生成されないケースもある模様(残りは再起動直後に一括で作成をしている模様。他に条件があるかは未検証)●一度作成されたキャッシュは、元画像を移動・削除した直後も残り、一定のタイミングまで残置される(再起動後に消去されているのを確認、他に条件があるかは未検証)○ファイルをその場で改名しただけでも、再び(7つ全ての)サムネイルキャッシュが再作成される。この場合も改名前ファイル名のキャッシュはしばらく残置される。●保管したデータをSMB経由でフォルダごとPCへ持ってくると、サムネイルキャッシュファイルも全て保持されたままコピーされる(ブラウザ ※MyLinkStation 経由でダウンロードした場合は含まれない。その他のプロトコル及びWebAccessアプリは未検証)【仕様補足】●このキャッシュファイル群は、設定画面(MyLinkStation)で使用されるもの(2019/01/07 バッファローサポートセンターからの回答)○ただ、ファイル名(.webaxs_*)を見るに、同社製アプリ「WebAccess」でも使われている可能性は考えられる【問題点】●個々のキャッシュファイルのデータ容量は小さい(数KB-数百KB)ものの、ファイル数があまりにも膨大であるため、じわじわとHDDの容量が圧迫されてしまう。また、コピーや削除・PC転送と言ったフォルダ操作が非常に重くなってしまう。●ハード側で常に膨大な数のファイル処理を強要され続けるため、HDDへの負荷が増大。寿命が縮むことが懸念される。○特に再起動直後はHDDがガリガリと音を立て続けた後、サムネイルキャッシュの変化が観測できたため、再起動直後でもサムネイル関連処理が行われているのではないかと推測している。※試験的に、およそ6000枚(一枚辺り2~4MB程度)ほどの写真をNASへ入れ終わった後に再起動をかけたところ、1時間半近くもの間HDDがガリガリし続け、45000個程度ファイル数が増加した。○NASへの画像コピー中も並行して生成が行われているらしく(ただし、この時点では全て生成されないケースも多く、具体的な挙動は不明)、書き込み速度低下の要因となっている可能性が高い●「MyLinkStation」機能を使わない人にとっては一切恩恵が無いばかりか、これらのファイルはゴミでしかない●キャッシュの自動生成を制御する設定が存在しないため、不要だと感じても止めることは不可能。○それどころか、いつサムネイル作成処理が走行したのかを知る術すら無い(ログ上でも確認できない)。ユーザーのフォルダにさんざんゴミをブッ込んでおきながら、その走行メカニズムは謎に包まれている。○Linuxの知識があれば力技で解明・解決できるかもしれないが、メーカー保証外の操作を伴うため素人には危険だろう。●隠しフォルダであるため、一般利用者はゴミファイルで圧迫されていることに気づかない。○この問題を察知するためには、Windowsの場合「隠しファイルを表示する」設定が必要不可欠である。しかし、デフォルトでは「表示しない」設定になっているため、PC設定を自発的に弄らないライトユーザーほど見過ごしやすくなる。※UNIX/Linux系OSやmacOSも、先頭に「.」が付いたファイル(ドットファイル)を隠しファイルとして扱うため、視認するには設定変更やコマンド操作が必要。○第三者へ画像を渡す際、意図せず大量の隠しゴミファイルを押し付けてしまう恐れがある。○仮に気づいても、あらゆる画像入りフォルダへ無差別に作成されるため、削除にかなりの手間がかかる(検索やバッチファイル等を駆使すればまとめて削除は可能だが、ユーザーに無用な手間とストレスをかけさせている事に変わりはない)●これらのゴミファイルが様々なソフトウェア動作に与えることが懸念される問題例(一部筆者の想像も含まれています。ご注意下さい)○ソフトウェアやゲームなど(.exe)が収録されたフォルダをNASへ入れてしまうと、ソフトウェアが使用する画像リソースフォルダにまで遠慮なくゴミファイルが突っ込まれ(フリーソフトやゲーム等を入れて確認済)、ソフトによってはフォルダ構成が変わり動作に支障を来すリスクも想定される(未確認)。○通常の写真と同じJPEG形式であるため、Windows10の標準フォトアプリなど、フォルダ構成を無視して画像を一覧化するタイプの場合、当NASを指定するとゴミファイルまで検知対象となってしまい、全く同じ画像が大小含め8枚ずつ並ぶことになる(Windows10標準フォトアプリver2018.18091.17210.0で確認済)。○また、フォルダ整理機能を持つ写真ソフトの場合も、隠しフォルダやゴミJPEGファイルが勝手に追加されることで、写真整理操作に影響を及ぼしたり、ソフトの誤動作を引き起こすことが懸念される(未確認)。○フォルダごとクラウドストレージにアップロードすると、ゴミファイルまで全てアップロードされてしまう(OneDriveクライアント for Win10 ver2018 ビルド18.222.1104.0007で確認)。そして、Webからクラウドストレージの写真一覧を見ると、同じ画像が大小8枚ずつ並んでいる(OneDrive Web版で確認)。○非アーカイブ系のバックアップソフトで当NASへのバックアップを行った場合、勝手にバックアップ先のフォルダ構成が弄られ、バックアップソフトによっては同期処理に支障を来すリスクも考えられる。※Windows10標準の自動バックアップ機能「ファイル履歴」の管理下に置かれているはずのバックアップ先フォルダの中ですら、当NASにより問答無用でキャッシュファイルが放り込まれてしまう(Win10 Pro 64bit ver1803で確認済)。この挙動は「ファイル履歴」の動作に悪影響を及ぼさないのか?(長期検証するつもりは無いので未確認) Time Machineの方も大丈夫なのか?(未確認) 疑念は深まるばかりである。※なお、当製品はWindows標準のバックアップソフトウェア「ファイル履歴」や、Macの「TimeMachine」への対応を、製品サイトや取扱説明書上で謳っている(「ファイル履歴」という文言は取扱説明書上にのみ明記。『バックアップと復元(Windows7)』に関しては不明)⇒(2019/01/10 バッファローサポートセンターからの回答)曰く、「(サムネイル生成環境下においても)ファイル履歴によるバックアップを行えることは確認済み」「TimeMachineの場合はバックアップイメージとして転送されるため問題ない(サムネイル生成自体行われない)」とのこと。……ファイル履歴の方は何を根拠に問題なしと判断したのか?(Microsoftに確認を取ったのだろうか?) OS側の仕様変更に伴って予期せぬ問題が起こるリスクは考えられないのか? そもそもゴミファイルを無差別に放り込む仕様さえ改めれば、あらゆる無用な手間(例えば、『ファイル履歴への影響は?』という筆者の質問へ返答するために2営業日かけて確認するなどと言った)を避けられるのではないか?……と筆者個人としてはますます疑念が膨らむばかりであったが、これ以上メーカーに問い詰める気力は無い。【問題点の考察】●キャッシュファイルは通常、テンポラリフォルダ等の一時フォルダへ格納されるのが一般的である。ユーザ個人が作成・管理しているフォルダ直下へ大量のゴミを隠しフォルダ扱いでこっそりブチ込むなどと、普通に考えれば非常識極まりない実装である。言語道断である。●恐らく「隠しファイルにしてしまえばユーザーの実使用に支障は無い(バレない)だろう」という開発サイドの浅はかな考えが根底にあるのかもしれない。●同様の隠しファイルに、Windowsの「Thumbs.db」があるが、主に使われていたのはWinXP以前であり、現行バージョンではデフォルトで抑制されている(ただし、環境によっては作られるケースもある模様)【その他の仕様に対する印象】デュアルコア搭載で速度と安定性を実現したプレミアムモデルと称して販売されているLS500シリーズ。だが、ゴミファイル問題の他にも●Web設定画面が(何故か)デスクトップPCを模した画面になっている。(無駄に)デスクトップやウインドウ周りの挙動が忠実に再現されていたり、壁紙変更機能やイメージビューア・メディアプレイヤーと言った(NASとしては余計としか言い様がない)機能が充実した割に、サーバー自体の設定がやりやすい、と言った印象は全く無い。むしろ複雑化して分かりにくくなった印象。○高機能化するクラウドサービスに対抗したつもりなのかもしれないが、NASにそんなことは求めてない○(無駄な)多機能化による影響なのかは不明だが、OSが専有する領域が大きく、ユーザが利用可能な領域が少ないというレビューも見受けられる。●旧モデルには存在した、メール通知やプリントサーバー、ActiveDirectory連携などの機能が失われている(公式サイトの機能比較表で確認可能)特にメール通知機能の削除は、安定した監視・運用が重要なNASにおいては致命的である。……などと言った問題を抱えており、スタンダードモデルであるはずのLS200シリーズに比べても見劣りする点が多い。【評価】NASの入門にとこの機種を購入しましたが、この機種(及び現行のLS500系モデル全て)は初心者・上級者双方ともお勧めは出来ません。と言うより、様々な問題を抱えた当製品をプレミアムなどと銘打って、より高い値段で売り捌いてる時点で、バッファローという企業に対する信頼は無きに等しい。そもそも現在の仕様が、大切なデータを預けるストレージとしてはまず考えられないほどお節介でおかしな仕様を抱えており、今後のアップデートで治ることを期待する、などと許容できるレベルでは無いと考えています。バッファロー製のNASを購入するよりも、手軽に済ませたい方はクラウドストレージにおまかせ、自前で構築したい方は他社製のNASキットを購入した方が遥かに良いと思います。勢いで書いたため、レビュー内容に事実とは異なる誤りがあるかもしれません。当レビューに関して何か指摘・訂正等があれば、コメントにて追記して頂けると助かります。※2019/01/10 バッファローサポートセンターからの返答を基に、対象モデルやバックアップ関連の記述を追記。一部記述を調整。
F1録画の為にスカパー!プレミアムサービスLink対応という本機を選択。単純にチューナーにUSB-HDDを繋いでもいいのだが、せっかくなのでDTCP-IPで様々な機器から視聴したり、データ共有も行いたかった。セットアップ後に第一の問題。Android(格安中華、8.1)ではそもそもNASが検索結果に出てこない。PC&iPhoneではアクセスできるのでここは我慢。本題のスカパー連動を試す。NASが見えない。悪戦苦闘の末機器の認識はできたが、予約を実行するとNASの電源が入っていない旨のエラーが出る。もちろん電源は入っているし、PC等からは見える。何度か試すうちに、タイミングによって予約が完了し録画もされるが、確率的には非常に低い。認識すらしない時も多々ある(PC等からの接続も切れる場合がある)。これでは使えない。運よく予約が出来ても実際の録画時に認識しなければ予約の意味は無い。NASとしてはAndroidの件を除けば普通に使えると思うのだが、やりたいことが出来ないのでは購入した意味が無いので、もうしばらく試行錯誤してみて駄目なようなら返品しようと思う。
2TBモデルを買おうと思ったら3TBとそんなに金額が変わらないので3TBを購入。MacのTimeMachineで使用しているが、とにかくうるさい。昔のAirstationと違い、ファン無しの大きくスリットが開いているのと、HDDドライブが東芝製。ガリガリゴリゴリ....昔のものを並行して使用しているがあちらは静か。コスパは悪くないが、室内環境にはよろしくない!

新着情報

2021/11/15
11月19日(金)・22日(月)は秋期大会の為、事務局業務はお休みさせて頂きます。
2021/11/11
第54回細胞検査士二次試験受験者の皆様へ(2021.11.11)
2021/11/11
第54回細胞検査士資格認定試験一次結果・二次試験案内を本日封書にて発送しました。
2021/10/27
第54回細胞検査士資格認定試験一次試験について
2021/10/19
第63回(2024年)日本臨床細胞学会 秋期大会 会長公募について
2021/07/14
第46回細胞診断学セミナー募集受付を開始いたしました。
2021/06/21
第81回細胞検査士教育セミナー募集受付を開始いたしました。
2021/05/24
【2021ver.】アウトドアチェア レジャーチェア 椅子 折りたたみ式 イスキャンプ椅子、1kg 軽量 耐荷重150kg アルミ合金オックスフォード生地 コンパクト 組立簡単 携帯便利 収納袋付き、
2021/05/13
第2回新型コロナウィルスによる業務への影響についての実態調査実施について
2021/03/10
2021年度教育研修指導医新規申請要項
2021/01/27
2020年度 日本臨床細胞学会細胞診専門医試験を受験される方々へ
2021/01/26
第81回細胞検査士ワークショップ募集受付を開始いたしました。
2020/12/25
本日、第79回細胞検査士教育セミナー受講証明書を発送いたしました。
2020/12/25
日清オイリオ MCTオイルHC100% 85g
2020/12/11
第53回細胞検査士資格認定試験 二次結果発表

お知らせ

2021/11/17

2021年度細胞診専門医試験受験票等、本日封書にて発送しました。

2021/11/15

11月19日(金)・22日(月)は秋期大会の為、事務局業務はお休みさせて頂きます。

2021/11/12

医研シンポジウム2021 当日動画・講演要旨掲載のご案内

2021/11/11

第54回細胞検査士二次試験受験者の皆様へ(2021.11.11)

2021/11/11

第54回細胞検査士資格認定試験一次結果・二次試験案内を本日封書にて発送しました。

2021/11/09

2022年第28回日本-タイ細胞診ワ-クショップ中止のお知らせ

2021/11/08

第54回細胞検査士資格認定試験 二次受験者番号一覧・タイムスケジュール・会場案内

2021/11/05

第54回細胞検査士資格認定試験 一次結果発表

2021/10/27

第54回細胞検査士資格認定試験一次試験について

  • 第60回日本臨床細胞学会秋期大会

    2021年 11月20日(土)~11月21日(日)
    米子コンベンションセンター/米子市文化ホール

    第63回日本臨床細胞学会春期大会

    2022年 6月10日(金)~6月12日(日)
    グランドプリンスホテル高輪

  • 公益社団法人 日本臨床細胞学会
    〒101-0062
    東京都千代田区神田駿河台2-11-1
    駿河台サンライズビル3F
    FAX: 03-5577-4683

第60回日本臨床細胞学会秋期大会

2021年 11月20日(土)~11月21日(日) 米子コンベンションセンター/米子市文化ホール

第63回日本臨床細胞学会春期大会

2022年 6月10日(金)~6月12日(日) グランドプリンスホテル高輪

公益社団法人 日本臨床細胞学会
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-11-1
駿河台サンライズビル3F
FAX: 03-5577-4683